Skip to content

食べないダイエットより肥満治療薬

現代は、カロリーの高い食事をする方が増えています。

独身で一人暮らし・・となると、食事は外食となる事が多いはずなんですが、それでは健康にも影響が出てしまいますし、肥満になってしまう可能性も高いので、栄養バランスの整った食事を心掛けたいものです。

自分のためだけに料理をするという事はなかなかしないはずなんですが、せめて太らないように気を付ける事が大切だと思いませんか?

特に女性は太ると困るはずです。

着る服が無くなったり、似合わなくなったり、自分に自信がなくなってしまうというようなこともありますから、カロリーが高い食事は避けようと考える方も多いはずです。

しかし、食事は美味しくいただくのが一番です。

食後に肥満治療薬のゼニカルを飲んで、油の吸収を防止しましょう。

油を体に吸収しないから太らない

油分の多いお肉をガッツリ食べたい!という欲求を抑えたまま、毎日過ごしている方は、ゼニカルがオススメです。
ゼニカルがあれば、脂肪がつきにくくなりますので安心です。

食後に一錠飲むだけで、食べた油を便と一緒に排泄するので、効果は目に見えます。
便と分離した油に驚く方も多いようですが、しっかりと油が排出されているのがわかりますので、食事の油が気になる方も試してみるといいでしょう。

リバウンドしないダイエットはゼニカルにオマカセ

ゼニカルは脂肪排泄効果があり、日本でも人気となっているのですが、個人輸入で購入する方が多く、お安く販売されていますので、ダイエットしようと考える方にオススメです。
食事制限をして、リバウンドするを繰り返す方も多いようですが、リバウンドを繰り返してばかりの方は、体にも悪い影響を与えてしまうので、ダイエットするなら本気で取り組む必要があるんです。

太っては痩せ・・の繰り返しだと、虚血性心疾患になってしまう危険もありますので、しっかりと考えてダイエットに取り組むようにしましょう。

虚血性心疾患になるのは何故?

ダイエットとリバウンドを繰り返す事によって、内臓脂肪が蓄積されます。
溜まった脂肪が血管にダメージを与えてしまい、心筋梗塞になってしまったりするケースもありますから、十分に気をつけなければなりません。

無理して食事を減らしたりして痩せても、リバウンドしてしまうなら無意味です。
無意味な上に体を壊してしまいますから、無理なダイエットはせず、肥満治療薬で肥満を予防・改善しましょう。
簡単に手に入る薬ではないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、個人輸入で安く購入できるので薬の通販をしているサイトをチェックし、利用してみて下さい。

肥満治療薬について

肥満とは、体が普通以上に太ることであり、体脂肪が過剰に蓄積した状態です。
BMI25以上は肥満対象です。肥満外来の治療対象となります。

BMI=体重kg+(身長m)²

肥満によって、様々な支障がおこってきます。
脂肪により気道が狭くなり睡眠時無呼吸症候群や高脂血症、高血圧、高血糖、糖尿病などの生活習慣病、心臓への負担、足腰への負担など、癌との因果関係も指摘されています。

これらのような病気の発症や、さらには持病の悪化なども引き起こすのが肥満です。

肥満になる原因として、食べすぎ(高カロリー)、偏食、遺伝、運動不足、ストレスなどがあげられます。
さらに年を重ねると代謝が悪くなり、脂肪が燃えにくくなってきます。
中年の方が肥満傾向であるのはこのためです。

肥満対象者において3%の体重減で健康障害が改善されるようです。

その為、体重減少における治療を行う必要があり、食事療法や運動療法、行動療法、外科療法、薬物療法があります。この薬物療法に入るのが肥満治療薬です。

肥満治療薬の対象者

外国ではこの肥満治療薬を比較的簡単に入手し、ダイエットや美容目的で使用していることもあるようです。

日本では一部の薬については通信販売しており購入可能のようですが、サプリメントではないので使用には専門家の指導の下で購入が良いかと思います。

一般的には、肥満により体に支障をきたしている人、いわゆる肥満外来での診察により医者から必要性がある(肥満によって複数の合併症を有し食事療法、運動療法を行っても十分な減量効果が得られずBMIが25以上の者)対象者が使用できるのです。

肥満治療薬の種類

肥満治療薬には大きく分けて2種類あります。
それは脂肪吸収抑制剤と食欲抑制剤です。

脂肪吸収抑制剤はお腹で作用し脂肪の吸収を防いで、食べてもそのまま外へ排出する効果のあるもの。
食欲抑制剤は、脳内のセロトニン減少を阻害することで、空腹感を抑え過食を減らす効果のあるものです。

これからの肥満治療薬

肥満治療薬の歴史は長く海外では承認されているようですが、日本では、有効性や安全性を維持して使用できるかは検討が必要なようです。

現在、日本で使用できる肥満治療薬は、肥満対象者の体重減少に効果は高いようです。
治療薬として、様々な病気予防や悪化の抑制につながると思われます。

しかしながら、若年者の美容やダイエット目的として簡単に入手できるようになりそうです。
美容クリニックでは処方されているようですが保険適応外ですので費用はかなり高そうです。
肥満ではなくダイエットのために使用するということは危険性も考慮したうえでの使用をしていただきたいと思います。